分譲と賃貸と持ち家はどれがお得?ローンや災害リスク等を考慮

丸みのある建物

千石のお家

マンション

私とスウェーデン人旦那は、3月31日に日本で入籍して、4月12日から海外に移住して暮らしている。
入籍する前は日本で、東京文京区に暮らしていた。
その時暮らしていたうちは、間取りはIK。
しかし、最近流行ってるらしいその物件の間取りのタイプは、一応IKだが、実際はロフト部分が割と広く、2階があるような間取りだ。
最近引っ越した妹も同じような間取りで、私たちが引っ越しした時にお世話になった不動産業者に聞くと、どうやら最近多いらしい。

一人暮らしでももちろん良い賃貸の物件であったが、その間取りの広さから、新婚カップルなら一緒に住めた。
子どもがいれば厳しかったと思う。
しかし、いまだに腹が立って忘れられない事。
それは、不動産会社の対応の悪さだった。
どこが悪いって、頭が悪いのである。
私は何回も引っ越しを経験しているので、色々な不動産会社にお世話になってきた。
今回お世話になった会社も、はじめは対応が良かった。
しかし、だんだんととちゅうから、色々な人が家賃の口座の事や些細なことにかかわってきて、それは最初は私たち夫婦の至らないところもあったと思う。
しかし、1度伝えたことがその会社でまったく反映されないのだった。
例えば、クレジットカードのコールセンターなどに電話すると、そのとき電話に出た担当者はPCに入っている私のデータを見ながら話すが、その不動産会社にはそういったマニュアルがないのであろう。
私達がお世話になったHウストウハウス豊島区S鴨店、管理会社のA羽店はもうどうしようもなくひどかった。
そのお家が素晴らしかったのに、大家さんと私たちの仲まで結果的に最悪になったと思う。

今度日本で部屋を借りるときは、部屋もそうだが不動産会社が大きい、しっかりしてそうだけではなく、しっかり対応を見ようと思った。

HEAD LINE

千石のお家

私とスウェーデン人旦那は、3月31日に日本で入籍して、4月12日から海外に移住して暮らしている。入籍する前は日本で、東京文京区に暮らしていた。その時暮らしていたうちは、間取りはIK。しかし、最近流行ってるらしいその物件の間取りのタイプは、一応IKだが、実際はロフト部分が…

TOP